ITパスポートとは?

ITパスポートの資格とは、初級シスアドの廃止により新しく誕生した資格で、
ITの基礎知識を学ぶことが出来ます。

この資格を取得する事により、一般の会社で必要なITの知識が身に付き、
普段の業務を円滑に行なえるようになります。
また、仕事以外でも普段の生活でパソコンを活用する事が極当たり前になっているので、
そうした意味でも何の疑問もなくパソコンを扱えるようになります。

そして、これからの時代はIT知識があることは当たり前になり、
ITなくしては社会人として生きていく事が出来なくなることは火をみるより
明らかです。

しかし、それでもまだまだITの基礎知識は、
個人レベルで浸透していないのが現状です。

もちろん、極簡単なパソコンの操作は出来ると思いますが、
ITの全体像を理解している方は少ないと思います。

現在ではそれでも構わないと思いますが、
これからはそうもいかなくなります。

例えば、あなたが転職したいと思い、色々な企業に面接にいくとします。
その時にITの知識がなければどうでしょうか?

多分、面接官は即戦力として期待しているので、1からITの基礎知識を
教えている場合ではなく、不採用になる可能性は非常に高くなります。

もちろん、あなたが多少ITの知識がなくても、
それを上回る経験や技術があれば採用してくれると思いますが、
そんな人は極わすかです。

ほとんどの方は、それほど相手にとって魅力的な経験や技術をもっていません。
ですから、最低でもITパスポートの資格を持っていれば、
それだけで、企業側の印象が変わると思います。

 

Example pic

 

このサイトに訪れた皆さんはITパスポートの資格に興味があって、
訪れたのだと思います。
目的は人それぞれなので、私にはわかりません。

ですが、少なくてもITの基礎知識を身に付けたいことだけは確かです。
そして、是非身に付けて下さい。

これからの時代はITパスポートの知識は特別なことではなく、
当たり前の知識になっていきます。
そのことは忘れずにいて下さい。