ITパスポートの資格!通信・通学について

勉強スタイルを考える(通信・通学について)

通信・通学と言う勉強スタイルは、短期間で合格できる可能性があると共に
その分お金がかかってしまいます。
言うならば、時間をお金で買うイメージです。

ですので、時間がかかってもお金をかけないで勉強したい、お金をかけてまで
勉強したくない方には不要です。

しかし、その逆に何とか短時間の勉強で合格したい、無駄に勉強している時間がもったいないと
いう方は、通信・通学を受講して見て下さい。
もちろん、ITパスポートの難易度が高いと判断した方も同様です。

では通信・通学で勉強する上で気をつけなければいけないポイントをお話いたします。
そのポイントは出来るだけ「受講料が安いところを選ぶ」ということです。

というのも、多くの人が勘違いしていて、「安ければ悪かろう、高ければ良かろう」と
思っています。
確かに普通に考えればそうしたことも間違いではありません。

しかし、「通信・通学」の世界に限って言えば、その常識は通用しないのです。

ところで、皆さんは通学講座がやっている通信講座の受講料をご存知でしょうか?
ホームページや資料を見た事のある方ならわかると思いますが、
通信も通学も受講料はほとんど変わりません。

それには理由があります。

通学講座と言うのは、高い駅前の賃料や講師などの人件費が必要で、
どうしても高い受講料が必要になり、生徒に通学してもらわなくてはいけなくなります。

そこで、もし通信の受講料を安くしてしまえば、多くの生徒が通信に流れてしまい、
学校経営が成り立たなくなるのです。
つまり、内容が良いから高いのではなくて、通学の受講料と同じくしなければいけないので、
高いのです。

また、そうしたことは、通学講座だけにいえることではありません。
大手通信講座のようにバンバンCMを流していれば、その分受講料が高くなるか、
講座の質を落とさなければいけなくなります。

このようなことがあるので、高ければ良いと言うわけではないのです。

もちろん、いくら安くても内容が悪ければ意味がありません。
例えば、講義が付いていなかったり、テキストの質が悪かったりしたら、
講座を受講する意味がなくなります。

では、どのくらいの金額が妥当かと言う事になりますが、
大体1万~2万円で十分に良い通信講座を受講できます。
(通学講座は高いので、このサイトでは推奨しません)

私のオススメは、フォーサイトです。
この通信講座は、講義はもとより、テキストや問題集の質が高く、
しかも受講料がかなり安くなっています。

もちろん、質問受付やインターネットの学習システムも付いています。

ご興味があれば覗いて見て下さい。