ITパスポートの資格!おすすめの参考書は?

おすすめのITパスポートの参考書は?

独学の場合は自分で参考書を探さなければいけないので、そのことについても
少し触れてみたいと思います。

一般的にITパスポートの参考書は、2つの種類に分類されます。
出題範囲を絞っているタイプか、主題範囲を満遍なく網羅したタイプのものです。

どちらのタイプにもそれぞれメリットとデメリットがあり、相性もあります。

まず、出題範囲を絞った参考書のメリットは、ポイントだけを勉強するので無駄がなく、
効率的に勉強できる事です。

対してデメリットは、出題範囲を絞る分解けない問題も多くなる事です。
また、ITパスポートは他の資格と違い、誕生して間もない資格なので、
問題が絞りにくいという欠点もあります。

次に主題範囲を満遍なく網羅した参考書のメリットは、
多くの知識を吸収できるので、確実に合格できる力を身に付けることが出来ます。

対してデメリットは、勉強する分量が多くなり、挫折する可能性が高くなることと、
試験に出題されそうもない勉強もするので、無駄も増えます。

このようにそれぞれにはメリットとデメリットがあるので一概にどちらが良いということは言えません。
ただ、あえて言うとしたら、出題範囲を絞った参考書の方が個人的には良いと思います。

何故なら、独学でITパスポートの勉強した場合、一番の難敵は挫折です。
そしてその挫折する理由は、勉強量が多くなるためなのです。

どんなにITパスポートの試験が新しいと言っても、出題される問題は基礎問題が
中心で、出題範囲をしぼった参考書でも十分に合格できます。

多くの方は欲張ってあれもこれも覚えようとするから挫折してしまうのです。

もちろん、あなたに忍耐力があり、勉強量が多くなってもそれに耐えられるなら、
出題範囲を満遍なく網羅した参考書が良いでしょう!

ただ、参考書はあくまでも参考書で、講義が視聴できない分理解するのに時間がかかり、
その上分量も多くなると、本当に大変な勉強をしていかなくてはいけなくなります。

後は、自分の生活環境や性格を考慮して決めて下さい。

尚、下記に主題範囲を絞ったものと満遍なく網羅したものの、
代表的な参考書を紹介いたしました。
良かったら参考にして下さい。

主題範囲を絞った参考書
●栢木先生のITパスポート試験教室

主題範囲を満遍なく網羅した参考書
●ITパスポート試験対策テキスト

ここで少し補足すると、この2つのテキストを紹介しましたが、
別にオススメしているわけではありません。
なので、最終的には自分の目で見て判断して下さい。